正しい通信制高校の情報とは


   9月 20

勉強は通信制高校でもしっかりできる

何かしらの理由で学校に行きたくなくなってしまう人は沢山いるでしょう。いじめであったり、勉強についていけなかったり理由は様々です。不登校というと、非難をされがちですが、学校へ行かないという事は、そんなに非難をされなくてはならないことでしょうか。不登校を選択したとしも、自分の将来をしっかり考えることが出来さえすれば、まったく問題はないのです。

不登校から高校中退という決意

不登校をしたままではなく、高校中退を決意した人は、とても心が強い人です。人と違う道を選択できるという事は、とてもすごいことなのです。高校を中退したからと言って負い目を感じる必要はありません。

通信制高校で高校卒業資格を取れる

通信制高校は、ほとんど学校に行かず、自宅で勉強ができるシステムを取っています。学校へ行くことなく、しっかりと自宅で勉強をすれば、高校を卒業したという資格を通信制高校で取得が出来るのです。高校を中退してしまっても、通信制高校で卒業資格さえ取れば、高校を卒業した人と何ら変わりはありません。大学だって行くことが出来ます。むしろ、普通に学校に行っているよりも、頑張ったと称賛されるかもしれません。
不登校になり高校を中退してしまうこと。そんなこと何もダメなことではありません。そこからあなたがどのような道を進むかが大切なのです。


   9月 20

通信制高校で進路を見つけよう

通信制高校ならきっとやりたいことが見つかります。高校を中退してしまった人も、現在中学生の人も、社会人フリーターの人も、もし今「未来が見えない」と感じているのならまずは通信制高校を調べてみるだけでもしてみませんか?


通信制高校選びに必要なのは「直感」?

何となくこの学校いいなと思えたらまずはそれだけでも立派な「出会い」です。それがなかったら学校のパンフレットを並べてみたり、部屋の中で投げてみたりして、表紙の色合いが好きだとか、一番遠くまで飛んだからだとかいう理由でも全く構いません。ダメだったらもう1回放り投げてみましょう。今度は一番綺麗に着地したものとか違う理由でも何でもいいのです。肝心なのは一歩踏み出してみることです。


多様な専門コースが魅力の学校に

今の通信制高校は美容・マンガ・アニメ・トリマー・看護・介護などなどのバラエティに富んだ専門コースを設けているところが多いのが特徴です。イメージとしては小学校や中学校であった体育や音楽や美術などの時間が、全て自分で選んだ興味のある専門分野についての勉強をする時間になっています。実際の職場に行っての体験授業などがあるところも多数あるので、あなたの進路に繋がるものがきっと見つかるはずです。


   9月 20

通信制高校の学年の考え方

一学年ごとに生徒を管理し、試験や出席日数などで進級を行う全日制高校の制度を、学年制と呼んでいます。一方で必要な単位を卒業までに修得することを目的とし、それまでにレポートやスクーリングなどに出席して単位を取得する通信制高校が行っている方法を、単位制と呼びます。このふたつの違うところはなんなのでしょう?


区切る期間が1年間か3年間か

全日制が取り入れている学年制では、学年ごとに進級するための条件があります。ひとつでも落としてしまうと、習得したものを含めてすべて学習しなおすということになります。これが留年というものです。これだとたった一つの教科のためにもう一度、0からのやり直しになります。通信制高校が採用している単位制では、卒業までの3年間、人によっては4年間を区切りとして、そこまでに指定された単位をすべてとることで卒業を認めています。単位制では学年という区切りが原則としてないと考えていいでしょう。つまり、留年するということがない代わりに卒業ができないということになります。


落とした単位だけを取り直せばいい

学年制ではたったひとつ落とした単位のために、その学年を再度やり直す必要がありましたが、単位制ではこのような無駄がありません。落とした単位だけを翌年や半期で取れる科目であれば、前期に落としたものを後期で習得すればいいのです。そのため、自分の生活やリズムなどを崩さずに勉強を進めることができます。もちろん、授業によっては難易度別に分かれており、初級の単位がないと受けることができない授業なども存在増します。