正しい通信制高校の情報とは


   5月 13

通信制高校の卒業率が悪いのはなぜ?

通信制の卒業率が悪くなっている学校も多々あるのですが、その理由について皆さんは見当がつきますでしょうか?
通信制高校の卒業率が悪くなってしまっている理由は、自学学習がメインになっているけれどそれがうまくできずに辞めてしまうから。
確かに自分のペースを守りながら高校卒業を目指すことが出来るのですが、自己管理の出来ない人にとっては難しい事のようです。
自分の力で学習を進めることが出来なくなってしまった人達が辞めてしまう事により、通信制高校の卒業率が低下しているのです。


通信制高校に向いている人は?

通信制に入学したいけれど自分が向いているのか分からない、そう悩みを抱えている人もいると思います。
通信制高校に向いているのは、やはり自己管理がしっかりできる人だと言われていて、時間にルーズな人は向いていないと言われています。
自由な時間がたくさんあるのがメリットではありますが、アルバイトばかり優先してしまうとか両立させられない人も多い様子。
そういった人は、自分自身の時間割を作成してこなしていくようにすることで、少しずつ変わってくると思いますよ。


卒業率の高い場所の魅力

逆に卒業率の高い学校を見てみますと、学校生活や授業の進め方に力を入れていることが分かります。
校外学習などの時間も大切にしていますし、通信制高校だからこそできるイベントもたくさん用意されてあります。
また、就職率の良い通信制高校もありますので、どうしてそんなに良い結果が出せているのか調べてみてはどうでしょうか?

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.