正しい通信制高校の情報とは


   5月 30

通信制高校の中退率

通信制高校は近年、不登校やいじめによって進学や継続を断念した生徒にとっても、最後の砦として期待されているシステムです。しかし「最後の砦」でありながら、中退者の数はおびただしいのが現実です。そこに「不登校やいじめによって全日制や定時制を諦めざる得なかった生徒」の受け入れに対しての対策というものが講じられていないということが理由としてあげられます。


<通信制高校の中退率>

通信制高校の中退者は、約半数です。
学習自体がひとりでは難しいという生徒もいるということももちろんあります。
また先生による個別指導がなく、仲間とのコミュニケーションがなく助けが得にくいという環境が影響しているのではないかと言われています。
私立の通信制高校には100%近い卒業率を誇る学校もあります。
そのような学校は、ひとりも挫折者を出さない為に、適切な生活指導や進路指導を受けれる環境を整備し、スクーリングなどの回数も増やすといった試みを続けています。
通信制を希望する学習者が低年齢化している現在、そのような配慮を持ってカリキュラムが作られている高校も増えているのです。
通信制高校も自分が求めている方式の高校を選べるようになってきています。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.